高濃度ビタミンC点滴と定期的な血液検査

高濃度ビタミンC点滴を受けるためには定期的な血液検査が必要となります。
これは肝臓の障害やG6PD酵素異常症でないことを確認することが必要となるためです。
G6PD欠損症は数万人にひとりと極めて少ない症例のようですが、医療行為なのでしっかり検査が必要なようです。
高濃度ビタミンC点滴を継続する場合にはこの検査は時間的費用的にもネックになります。
費用的には1万円程度の費用は一般的なようです。
ただ、この件が必要なのは1回辺りの点滴量が25mg以上の場合であり、ハーフサイズの12.5gであれば検査が不要となります。
ガッツリ点滴を受けたいという方以外は12.5gで十分だと思います。
25mgとなると点滴時間も30分以上かかります。もちろん料金も2倍です。
この血液検査も頭に入れて点滴量を選ぶようにしましょう。
高濃度ビタミンC点滴は2週間に1度が最適な施術頻度と言われています。
25mlだと2万円程度の費用が一般的なので月に2回受けると4万円!
ちょっと高いですね。
12mlだと2万円となり、なんとかなりそうですね。

g6pd
高濃度ビタミンC点滴療法学会のホームページより引用